第71回全国植樹祭しまね2020

大田市立久手小学校(平成29年2月21日)

モデル校
2017.2.21 更新

●取り組みの様子

 1、2年生(71 名)が、ポットにドングリ(クヌギの種)の植え付けを行いました。

 命の源である種の植え付けを通して命の大切さについて理解してもらいたいという先生の思いが通じたのか、授業後に児童からは「こんな小さなドングリから芽が出て大きな木になるなんて知らなかった」、「大きく育った木から種をたくさん拾って、また植えたい」等の感想がありました。

県林業種苗協同組合北垣理事長が「苗木の育て方」を説明

島根県林業課職員の話を聞く児童

植え付け作業

感想を発表する児童

記念撮影

前に戻る