第71回全国植樹祭しまね2021

苗木のスクールステイ

平成32年(2020年)に開催予定の「第71回全国植樹祭」を契機として、森林や身近な緑への関心を高めるとともに、森林や自然環境に対する理解を深め、島根県の豊かな森林を将来に引き継ぐことを目的として、全国植樹祭や地域の緑化行事で植樹する苗木を、県内の小中学校等で育てていただくものです。

苗木のスクールステイにご協力いただきありがとうございました!

「苗木のスクールステイ」の取り組みについては、県内57の実施校のみなさまに 播種からお世話いただいた結果、1,580本の苗木が立派に育ちました。 今後は、第71回全国植樹祭にて植樹会場に各校の代表木を植樹するほか、今後行われる植樹祭関連イベント等でも大切に使用させていただきます。 実施校のみなさま、長い間丁寧に育成いただき、本当にありがとうございました!!

<これまでの育成の様子>

募集について

「苗木のスクールステイ」の参加校の募集しています!(募集は終了しました)

 参加を希望される県内の小中学校等は、募集要領・チラシをご覧いただき、最寄りの地方事務所(隠岐支庁農林局、各農林振興センターまたは各地域事務所)の林業普及課へ8月10日(金)までに申込みください。

 詳しくはこちらか

・募集要領[PDFファイル:207KB]

・チラシ[PDFファイル:315KB]

 より多くの参加申込みをお待ちしています!!

実施状況

モデル校による先行実施(平成28年度)

この取り組みは、平成29年度から県内の小中学校等に広く呼びかけて行う予定ですが、平成28年度はモデル校3校
(大田市立久手小学校、奥出雲町立八川小学校、松江市立宍道小学校)により先行実施しました。

<実施手順>

  • 森の役割、全国植樹祭、苗木の育て方について学習
  • 育苗ポットにドングリの種を植え付け
  • 苗木の管理(水やり、施肥、除草:1~2年間)
  • 全国植樹祭や地域の緑化行事で育成した苗木を植樹